一回折れた人

人生設計失敗した人

恥ずかしながら一人暮らしを辞めることにしました

焦って決めた転職先

前々職から直近の退職した会社(前職)に入社するまで2カ月の無職期間がありましたが、その間も家を借り続けていました。 借りていた家は前々職の時は家賃補助があり、前職は収入自体が結構あったのでこの2社で働いている間は問題ありませんでした。 何より職場から近いのが魅力的で終電で帰っても6~7時間は睡眠時間を確保できることが魅力的でした。

ですが、前々職を辞めた後も当然家賃は発生する訳で目減りする貯蓄に焦りました。 焦った挙句すぐに退職してこの様なので今回は実家に帰省、よろしく寄生させていただくことにしました。

帰省する際の引っ越し時に思ったこと

一人暮らしの規格外の家具は処分するのが大変

一人暮らしするにあたって僕は理想の家具を揃えました(といっても2点ですが)

机↓

座椅子↓

机に関しては処分費用が16000円かかりました。 机1000円で引き取り!みたいなチラシが良く入っていたので、電話で見積もって貰っても一番安くても14000円でした。 その内現地で見積り無料の業者さんがあったので実際に見積もって貰ったら16000円だったので他の業者も大差ないと思い、引き取って頂きました。 業者さん曰く、一人暮らしの規格外の物だったらしく普通のデスクであれば1000円くらいでイケますよと言われました。 次一人暮らしする時は普通のデスクを買います。

座椅子に関しては友人が引っ越しを手伝うついでに欲しいというのでどうぞどうぞいう感じで一緒に運んでくれました。 この座椅子に関しても見積りの段階では8000円と言われていて、通常の座椅子だったら500~1000円程度と業者さんが教えてくれました。

この机と座椅子の暮らしはそれなりに満足のいくものでしたが、こんなに処分費用がかかると分かっていたら多分買っていませんでした。

食器は厳選して選んだ方がいい

食器に関してもお茶碗やらサラダを入れる微妙な大きさの器、焼き魚を置くような平たい食器を買いましたが、 辛うじてお茶碗とサラダの器は何回か使いましたが、平たい食器は結局一回も使いませんでした。 一番使ったのは丼みたいな食器でご飯とレトルト食品を食べるのに重宝しました。 自炊した時はほとんど野菜炒めでお鍋にご飯も入れてちょっと具が多いチャーハンみたいなのを作っては、鍋直で食べていました。 自炊が得意な人は色んな食器があってもいいかもしれませんが、洗うのが面倒でなるべく洗わないで済む方法を選択していました。

着ない服は無い方がいい

当たり前のことなんですが、着ない服は実家から持ってこない方がいいし、買わない方がいいです。 帰省もしくは引っ越しする際に大変になるだけです。 僕の場合、私服通勤→転職→スーツ通勤だったのでやたら量が多かったです。 私服通勤にしても着る服は、3パターンくらいでした。(オシャレな人は違うかもしれませんが) 3パターンしか着ないのに、絶対着ない服が倍くらいありました。

スーツも同様で、そもそも今までスーツを着ることが月に1回あるかどうかいうレベルだったので、 とりあえず実家にあるスーツとシャツを根こそぎ持ってきましたが結局スーツ一着とシャツ5枚しか使いませんでした。(これはすぐに離職してしまったので何とも言えませんが) そもそもスーツを全然着ないので、急いで実家から持ってきましたが、シャツの襟もとが黄ばんでいるのが結構あって厳選した5枚を着ていました。(中には新卒で使っていた何年前のシャツだよって物も)

断捨離みたいになっちゃいましたが・・・

要は引っ越す時に大変にならない程度の荷物の方が良いと感じました。 ずっとそこで暮らすなら問題ないのかもしれませんが、いざ引っ越すとなると荷造りだけで萎えました。(結局着ない物を捨てずに持って帰ってきちゃいましたが・・・) せっかくの機会なので何年も着ていない物は捨てようと思います。

帰省の引っ越しや家具の処分に関して

リサイクル業者は面倒でも何社も見積りを取った方がいい

僕はこれで痛い目を見ました。 具体的な社名を言うと営業妨害になってしまうかもしれないので挙げませんが、僕はとにかく早く洗濯機や冷蔵庫を処分したかったので検索で目に止まった一社を選んでしまいましたが、凄く後悔しています。 とにかく面倒でもネットの評判を鵜呑みにしないで、相見を取って納得の行く業者さんを選んだ方がいいです。

友人に感謝

僕は実家から車で1時間ちょっとのところで一人暮らしをしていました。 引っ越しをする際業者さんを使っても良かったのですが、友人が手を貸してくれて貴重な休日や無理して夜に手伝ってくれました。 本当に感謝です。 結局車で2往復していますが、まだちょっとだけ向こうに荷物が残っています。 都内の運転が1人では怖いのでまだ力を借りるかもしれませんが、荷運び+精神的な部分で凄く助かっています。 自分が運転するにしても助手席に運転が慣れた人が居るだけで精神的に大分違います。 都内をビュンビュン運転する人にはなれそうに無いです・・・。

退去するのも大変

電気、ガス、水道、インターネット、住民票の移動、荷運び等々始めた時も相当のパワーが必要でしたが、どちらかといえば一人暮らしへの期待でこなせました。 退去する場合もほぼ同じことをしているのですが、僕の場合はマイナス要素での退去なのでなかなかやる気が出ず大変です。 現在進行形で退去する為の準備をしているところですが、電気、水道は電話一本で済みました。 ガスは借りていた家がオートロックだったので立会が必要でしたが、これもあっさりでした。 残るは住民票の移動、荷運び、退去に伴う立会だけです。 退去に伴う立会は敷金の返却に関わることらしいので、原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(改訂版) を一読しておいた方が良いようです。

今借りている物件は7月の半ばまで住む権利はあるのですが、なるべく早く済ませてしまいたいので、6月中には何とかしたいです。