読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一回折れた人

人生設計失敗した人

報われないサラリーマンを見た

普通の会社って軋轢が多いんですね(達観)

まだ体験入学みたいな立場ですが、職場の人と立ち話しする機会が今までより段違いに多いので、会社の輪郭が見えてきました。

今まで僕は小規模な組織にしか属して無いのと、プログラマーの人ってあんまり会社のことについて話をしない(偏見)ので貴重な体験です。

報われないパイセン

その人Aは現場の業務についてはそつなくこなすし、話していて凄く楽しいし、気も使ってくれる凄くいい人なんですが、本社に業務改善について話をしたら出世コースから外れてしまったそうです。

本社側の人の意見が聞けないので実際は分からないのですが、Aさんが言う事は至極真っ当で、試してみる価値があるように感じました。

Aさんみたいな素敵な人が出世したら僕的には楽しいサラリーマンライフを送れそうなのに残念です。

出世コースに乗っている人もきつそう

その人BはYESマンでBさんも凄くいい人。

ただ人が良いので被らなくても良さそうな責任がどんどんBさんに被ってくる。

側から見ているとそれあなたの責任じゃ無いですよと言いたくなるが、そんなの当人も承知だろうし、被らなくても良い責任を被ってきたからこそ出世したのだと感じる。

多分僕だったら倒れてしまいそうな責任をサンドバックみたいにボコボコにされても、耐えて、本来責任を負う人の分まで受けて進んでいる。

出世は運ゲー

実際のところAさんもかなりの責任を負っている。ただ本社にはウケが悪いらしい。

本社に一度嫌われてしまったら出世は難しいらしいので、僕には出世は難しそう。

なんなのこの運ゲー、難しいと言うよりもどうにも出来ないじゃん。

今の周りの先輩達はみんな良い人だし、救われて欲しいけど僕にはそんな権力も無いので何も出来ない。

この感じ、受託で開発を受けた時の感覚にちょっと近い。ちょっと手を加えればもっと良いアプリになりそうなのに要件とは違うし、機能の追加の度に料金が発生するし、加えた機能で何か問題が出たら責任問題にもなる。

まぁそう思ってベンチャーに飛び込んだら自分の実力不足とハードワークで鬱になりかけて辞めたんですけどね・・・。

話をサラリーマンに戻して

IT業だと転職に関しては寛容なので、嫌だったら辞めればいいじゃんと思ってしまいますが、非IT業だとこうも違うのかと感じました。

おそらくパイセンABも辞めようと思ったことは何度もあるはずですが、何で踏み留まれたんだろう。

今もやっぱりITに戻ろうかななんて考えている僕とは根本的に考え方が違うのでしょう。