一回折れた人

人生設計失敗した人

wordpressでやっていた日記をはてなブログに移行してみた

移行するのに四苦八苦

元々さくらVPSで運用していたのですが、前々職を辞めた時にITに関してポッキリ逝ったので、さくらVPSは解約しました。 ですが、元々テーマをイジる時などはまずローカルの仮想環境で作って問題なさそうならgithub経由でテーマを更新していました。 その際にブログの中身(DB)もある程度バックアップを取っていたのでどうせなら移行してみるかと思い移行しました。

vagrantが起動しない

自宅のPCをwindows10にしてからおそらく一度もvagrantを起動していなかったので、ここでまずつまずきました。 結果的に下記の事を試したら、動くようになりました。 ・virtualboxの更新 ・vagrantの更新 ・vagrant plugin repair

nginxが何も映し出してくれない

次にローカルのwordpressのIPにアクセスしてみると真っ白。 結論から言ってしまえば、wordpressのテーマにエラーがあるらしく真っ白になっているようでした。 configを見たり、仮のindex.phpを作って表示させて見ると表示されるのでテーマのどこかがおかしいのは分かりました。 ただデバックモードをonにしてもwordpressのlibファイル(普通イジらない)がおかしいと表示されて困った挙句、 子テーマを一旦どけて親テーマにしたところ何とかログイン画面のリンクが出てきたので無事エクスポート出来ました。 こういう謎エラーが一番困りますね・・・そういえばプログラマーだった時は謎エラーとの闘いだったことを思い出しました。

移行したはいいけど、文字データのみ

落ち度があって今のはてなブログのインポート機能は画像もインポート出来るっぽいのですが、 画像の取得先がさくらvpsに向いていたため取得出来ませんでした。 wordpressでブログを書いていた時は毎回アイキャッチをつけていたので、無くてもいいような気もしますが、あった方が内容が分かりやすい文章もあるので、悩み所です。

wordpress関係の記事が多い

wordpressの特定のテーマのどこどこをイジったなどという記事が多いので、選別して消去する作業が必要そうです。 それとカテゴリーも無茶苦茶あるので、せめて10個くらいには絞れる様にしたいです。

とりあえず無事移行出来てよかった。

恥ずかしながら一人暮らしを辞めることにしました

焦って決めた転職先

前々職から直近の退職した会社(前職)に入社するまで2カ月の無職期間がありましたが、その間も家を借り続けていました。 借りていた家は前々職の時は家賃補助があり、前職は収入自体が結構あったのでこの2社で働いている間は問題ありませんでした。 何より職場から近いのが魅力的で終電で帰っても6~7時間は睡眠時間を確保できることが魅力的でした。

ですが、前々職を辞めた後も当然家賃は発生する訳で目減りする貯蓄に焦りました。 焦った挙句すぐに退職してこの様なので今回は実家に帰省、よろしく寄生させていただくことにしました。

帰省する際の引っ越し時に思ったこと

一人暮らしの規格外の家具は処分するのが大変

一人暮らしするにあたって僕は理想の家具を揃えました(といっても2点ですが)

机↓

座椅子↓

机に関しては処分費用が16000円かかりました。 机1000円で引き取り!みたいなチラシが良く入っていたので、電話で見積もって貰っても一番安くても14000円でした。 その内現地で見積り無料の業者さんがあったので実際に見積もって貰ったら16000円だったので他の業者も大差ないと思い、引き取って頂きました。 業者さん曰く、一人暮らしの規格外の物だったらしく普通のデスクであれば1000円くらいでイケますよと言われました。 次一人暮らしする時は普通のデスクを買います。

座椅子に関しては友人が引っ越しを手伝うついでに欲しいというのでどうぞどうぞいう感じで一緒に運んでくれました。 この座椅子に関しても見積りの段階では8000円と言われていて、通常の座椅子だったら500~1000円程度と業者さんが教えてくれました。

この机と座椅子の暮らしはそれなりに満足のいくものでしたが、こんなに処分費用がかかると分かっていたら多分買っていませんでした。

食器は厳選して選んだ方がいい

食器に関してもお茶碗やらサラダを入れる微妙な大きさの器、焼き魚を置くような平たい食器を買いましたが、 辛うじてお茶碗とサラダの器は何回か使いましたが、平たい食器は結局一回も使いませんでした。 一番使ったのは丼みたいな食器でご飯とレトルト食品を食べるのに重宝しました。 自炊した時はほとんど野菜炒めでお鍋にご飯も入れてちょっと具が多いチャーハンみたいなのを作っては、鍋直で食べていました。 自炊が得意な人は色んな食器があってもいいかもしれませんが、洗うのが面倒でなるべく洗わないで済む方法を選択していました。

着ない服は無い方がいい

当たり前のことなんですが、着ない服は実家から持ってこない方がいいし、買わない方がいいです。 帰省もしくは引っ越しする際に大変になるだけです。 僕の場合、私服通勤→転職→スーツ通勤だったのでやたら量が多かったです。 私服通勤にしても着る服は、3パターンくらいでした。(オシャレな人は違うかもしれませんが) 3パターンしか着ないのに、絶対着ない服が倍くらいありました。

スーツも同様で、そもそも今までスーツを着ることが月に1回あるかどうかいうレベルだったので、 とりあえず実家にあるスーツとシャツを根こそぎ持ってきましたが結局スーツ一着とシャツ5枚しか使いませんでした。(これはすぐに離職してしまったので何とも言えませんが) そもそもスーツを全然着ないので、急いで実家から持ってきましたが、シャツの襟もとが黄ばんでいるのが結構あって厳選した5枚を着ていました。(中には新卒で使っていた何年前のシャツだよって物も)

断捨離みたいになっちゃいましたが・・・

要は引っ越す時に大変にならない程度の荷物の方が良いと感じました。 ずっとそこで暮らすなら問題ないのかもしれませんが、いざ引っ越すとなると荷造りだけで萎えました。(結局着ない物を捨てずに持って帰ってきちゃいましたが・・・) せっかくの機会なので何年も着ていない物は捨てようと思います。

帰省の引っ越しや家具の処分に関して

リサイクル業者は面倒でも何社も見積りを取った方がいい

僕はこれで痛い目を見ました。 具体的な社名を言うと営業妨害になってしまうかもしれないので挙げませんが、僕はとにかく早く洗濯機や冷蔵庫を処分したかったので検索で目に止まった一社を選んでしまいましたが、凄く後悔しています。 とにかく面倒でもネットの評判を鵜呑みにしないで、相見を取って納得の行く業者さんを選んだ方がいいです。

友人に感謝

僕は実家から車で1時間ちょっとのところで一人暮らしをしていました。 引っ越しをする際業者さんを使っても良かったのですが、友人が手を貸してくれて貴重な休日や無理して夜に手伝ってくれました。 本当に感謝です。 結局車で2往復していますが、まだちょっとだけ向こうに荷物が残っています。 都内の運転が1人では怖いのでまだ力を借りるかもしれませんが、荷運び+精神的な部分で凄く助かっています。 自分が運転するにしても助手席に運転が慣れた人が居るだけで精神的に大分違います。 都内をビュンビュン運転する人にはなれそうに無いです・・・。

退去するのも大変

電気、ガス、水道、インターネット、住民票の移動、荷運び等々始めた時も相当のパワーが必要でしたが、どちらかといえば一人暮らしへの期待でこなせました。 退去する場合もほぼ同じことをしているのですが、僕の場合はマイナス要素での退去なのでなかなかやる気が出ず大変です。 現在進行形で退去する為の準備をしているところですが、電気、水道は電話一本で済みました。 ガスは借りていた家がオートロックだったので立会が必要でしたが、これもあっさりでした。 残るは住民票の移動、荷運び、退去に伴う立会だけです。 退去に伴う立会は敷金の返却に関わることらしいので、原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(改訂版) を一読しておいた方が良いようです。

今借りている物件は7月の半ばまで住む権利はあるのですが、なるべく早く済ませてしまいたいので、6月中には何とかしたいです。

異業種続きませんでした・・・

自分の事務処理能力の低さに気づく

働いていた会社ではとにかく紙ベースで大量のファイルに決まった書類を保管していました。 なぜか元プログラマーだから処理能力が高いと思われていたようですが、処理能力が高いのはPC依存で実際の僕は並以下だと感じました。 あの書類はこのファイルに〜この書類の処理はここに転記して送るとか全然覚えられませんでした。 勿論メモはしていましたが最早何の書類の為の処理内容のメモだか分からない始末。

気づいた自分の特性

定型処理に向いていないことです。 プログラミングの場合も出口は決まっていますが、中は自由なので仕様書があってもある程度自由な訳です。 僕の場合長くいた会社がかなり自由にやらせて頂いたこともあり、定型処理の経験が乏しいと感じました。

google先生が居ない

困った時は、まずグーグル先生に聞いて、それでも分からなかったら上司に聞くという習慣だったので、聞くことによって相手の時間を奪うのが苦手です。 今回の会社の場合、マニュアルは先輩で常に分からないことだらけだったので、ある程度覚えた作業を一人でやるということを繰り返していました。 そんなことをしているから、いつまで経っても成長が鈍かったです。 出来ることを率先してやる!が心情ですが、それだけだとずっと同じポジションで時間が進む毎に自分を追い込んでいきました。 時には人に迷惑をかけても最終的に迷惑をかけた人に恩返し出来るなら人の時間を奪ってもいいんだというのが辞めてしまった後ですが感じます。

辞めた本当の理由

そんな成長が遅い僕でしたが、職場の人は本当に良い人ばかりで率先して教えてくれるので一応は業務の概要を掴めてきていました。 そんな時謎の大抜擢で全く別のポジションに異動になりました。 それは僕的にはかなりの責任重大な業務で豆腐メンタルの僕には耐えることが出来ませんでした・・・。 前任の方はメンタルが鋼くらいあるんじゃないかと思うほどです。 なので結局辞めた原因はメンタルが豆腐だったからです。

不安

正直なところまだ次の職は決まっていません・・・。 この豆腐メンタルのままだと何処にいっても同じ結果になる気がします。 前職の送別会の時もCEOに「そんなに間に受けずに流せば良かったのに〜」と言われて早く言ってくれよと思った反省が今回全然活かせませんでした。 このタイミングで考え方を変える訓練をしないといけないと感じています。 出来ない、ごめんなさい!→やり方を覚えるまで練習するか聞く図々しさを会得しないと生きていけなそうです。

ITに復帰するか否か

今回異業種を体感して、ITへの復帰欲が出てきました。 ITの進化は日進月歩なのも理解していますが、便利な物に乗り換えていく事は必然なのかなと感じます。 特に今回の会社の様な何十年同じやり方をしているというのは、安心はあるけど効率的ではない部分もかなり感じました。

ITに復帰出来るか?

前の会社で自分が今まで出会ったことの無い天才と思える人に出会ったのがきっかけで異業種に逃げました。

でもその天才も多分天才ではなく、秀才でどこかでつまづいたりしていると思うのです。 ただ、自分と一番違ったことがプログラミング自体が好きで遊びの延長でやっているという感覚がその人の意見でした。 僕はまだプログラミングを遊びとは思えないけど、広域な意味でITが好きなことを実感しました。 その人には追いつけるか分からないけど、一人身だし好きなことやってダメだったら○ねばいいくらいの気軽な気持ちでやってもいいのかなと思えてきました。 まぁまた豆腐メンタルで自分で自分を追い込むでしょうが、異業種に逃げ場が無いのが分かった以上やるしか無いのかなと感じています。

なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合を読んで

ネタバレを含みます!

今までと全く違った感想

今までなれる!SEシリーズを読んだ感想としては、SEってブラックだけど何かいいな。 やる気が出るな。という感想でした。 ですがこの巻に関してはSE(プログラマ含む)って何かを犠牲にしないと尖った存在、シペシャリストには慣れないんだなと痛感しました。 この感覚は即退職した会社でも味わった感覚で、プログラマーはプログラムが好きじゃ無いと生業に出来ないと感じた感覚と一緒です。

この巻のテーマは社内競合ですが、巻の中に散りばめらたエンジニアとしての誇りを垣間見て、自分の適正や適職について考えさせられました。 考えさせられたというよりも昔思ったことがあるので、思い出しました。 正直僕が入った会社がプログラムLOVEの人が多かっただけで、騙し騙しやればプログラムが好きじゃなくても続けられる環境は幾らでもあると思います。 ただやっぱり好きな人に比べると、差が出てくるんだと思います。

この巻では桜坂の上司の室見がモロにスペシャリストを出しています。 そんな中、桜坂はSE以外の選択肢を提示されて揺れます。 桜坂の気持ちが凄く分かる、前の会社とか勉強会などの環境に行くと、どうやったらその領域に辿りつけるのか未知でした。 その感覚を感じ続けた結果、勝てない部分では勝負せずに違う領域に手を出して、結果中途半端な知識と技術力になりました。 一点突破型のエンジニアに憧れつつも自分はそう慣れないと、常に劣等感を抱いて仕事をするのは辛いです。

それならば一度全部放り投げて、新しいことをしたいと思って偉業種に転職しました。 ですが、やっぱりITに戻りたいとも思います・・・。 結局宙ぶらりんな気持ちをひきづって日々過ごして逝くしかないのかな。

プログラムが好きな人が恨めしいです。 余暇をプログラミングだけで過ごしても満足な脳に改造して欲しいです。 そんな願望を書いても叶うハズも無いのも分かっていますがw

桜坂の適正

今までの巻を読んで感じたことですが、桜坂は物覚えや閃き力、論理性も凄いですが、常に室見というグーグルが横に居たからそのアイデアを実現出来ていた様に見えます。 今回の社内競合のプレゼンでそれが露呈された様に見えます。 桜坂はSE以外の道をブラ下げられていますが、僕は桜坂は完全に営業向きなんじゃないかと思います。 無理難題なアイデアを周りがフォローして、実現する様を何度も描写されているからです。

次号に続くの?

今回の巻で桜坂は社内を敵に回す禁じ手を繰り出します。 もうそれは会社の存続自体を揺るがすくらいの禁じ手に僕は思えます。 ただその甲斐もあって、一度は社内の競合相手に一度は負けかけたものの再度逆転の機会が与えられます。 この巻ではそこでストーリーは終わってしまうので、おそらく16巻に続くと思われます。

16巻では室見のドライバーどころじゃなくて、電動ドリルで穴を開けられそうですが、どういう話になるか楽しみです。

iPhoneでkindle

なれるSE萌えおじさん

昨日13巻を読んで以来、15巻まで出てるのを知りどうしても読みたいと思った訳です。 ibooksでもあるのですが、kindle版が570円なのにibooks版は700円なのです。 たかだか130円ですがどうせだったら、570円で欲しい!

最初の壁

一応iPhone版のkindleは以前から入れていたのですが、アカウント認証などを行っていなかったので、そこからスタートです。 ここは普段使っているamazonのメールアドレスとパスワードを入力すればOKなのであっさり通過。

アカウントの認証後に表示された画面がもう一度アカウント認証+文字認証(画像上にあるアルファベットを入力する奴)が表示されました。 ここが第一の壁でなぜか何回入力しても通らない・・・。 通算30回くらいしてやっと通りました。 もう通った時はほくそえみました。逆に何で通らなかったのか謎。

第2の壁

ようやくなれるSEちゃんを購入できるかと思いきやiPhonekindleには購入の文字は無い・・・。 その代わりに「サンプルをダウンロード」の文字がありました。 とりあえずサンプルをダウンロードして見たもののやっぱりサンプルだったみたいで良い所で切られている。 その後iPhoneのUIで購入ボタンを探したのですが、どこにも購入ボタンがありません・・・。どういうことなんだ。

購入

結局iPhoneからの購入を諦めてPCから購入してiPhoneで同期すると購入したなれるSEちゃんがライブラリに表示されました。 結局のところ、iPoneから直接購入は出来ないのかな?

疑問

今回の一番の疑問はズバリkindleの書籍をiPnoneから直接購入することは不可能なのか?です。 僕は衝動的に本が買いたくなるタイプなので、今回は購入まで至りましたが、高い買い物だったら、この一連のエクスペリエンスだと購入しないかもしれません。

もしかしたら、iPhoneでそのまま購入出来るかもしれないので情弱おじさんだっただけなのかもしれませんが。